今や世界的に!

小さい頃、お客さんがくるといつも我が家は、お寿司の出前を頼んでいました。
まるで漫画のサザエさんの家のようでした。
今はもう、出前は日常生活になくてはならないものになって、昔のようにわざわざお店に電話しなくても、インターネットからでもできるようになりました。
小さい子供がいる家では、なかなか外に外食に行く事が出来ないので、出前があると本当に助かると子持ちの友人たちの間では人気です。
現在海外で暮らしていますが、どこの国でも出前文化はあるようです。
今住んでいるベトナムは、経済発展が目覚ましいとは言われていますが、まだまだ成長過程な部分が多くあります。
でも、一方でインターネットでピザの出前はできるし、お寿司の出前も沢山あります。
現地の人の英語のなまりが酷くて、なかなか聞きとれない私にとって、この出前はまさに救世主です。
しかも、外国人が意外にも多い国なので、世界各国の料理を出前で注文する事が出来ます。
画期的だと言えると思います。
出前の種類を見ると、その国で人気のある料理が分かるのもまた面白い一面です。
アメリカで出前と言えば、ピザが定番ですが、他にも中華料理がとても人気が高いです。
映画やドラマなどで、ボックス型の入れ物にチャーハンが溢れるように入っていて、それを頬張る主人公が良く出てきます。
私も荒れに憧れて、アメリカに旅行に行った時は必ず、ホテルに中華料理の出前を頼んで持って来てもらっていました。
見た目以上に美味しくて、そして安いのが魅力です。
韓国で出前と言えば、何と言ってもフライドチキンです。
韓国人は鶏料理が本当に大好きで、特にこのフライドチキンは定番中の定番と言えます。
そしてフライドチキンと言えば、合う飲み物はビールしかないでしょう。
以前にフライドチキンと一緒に、生ビールを出前した事がありました。
どうやって生ビールを持ってくるのだろう?と楽しみにしていたところ、コーラが入っていた空きペットボトルに、生ビールを入れて蓋をして持ってきました。
これには驚いて、コリアンの友人たちもみんな笑っていました。
日本にはない、生ビールの出前も経験で来て面白かったです。